千葉県水墨会ホームページへ戻る サイトマップ

 2019年 第43回 公募 墨の県展 に係わるご案内を掲載しています。
 2019年 第43回 墨の県展 開催要項 
NEW 第43回 公募 墨の県展 受賞者が決まりました。受賞者の方々の賞とお名前、受賞作品はこちらから
2019年5月20日
    第43回 墨の県展は
「beyond2020」プログラム 認証事業です。
 
趣旨 日本の伝統芸術である水墨画の普及振興を図るため、実践活動として「墨の県展」を開催し、会員の技量の向上と人格の形成に努めるとともに郷土文化の発展に寄与するものである。
主催 千葉県水墨会
後援 千葉県、千葉県教育委員会、千葉市、千葉市教育委員会、船橋市、船橋市教育委員会、市原市、市原市教育委員会、佐倉市、佐倉市教育委員会、千葉日報社。
会場 千葉県立美術館4・5・6・7室。千葉市中央区
中央港1-10-1 電話043-242-8311(代表)
会期 2019年5月21日(火)〜5月26日(日) 毎日午前9時より午後4時30分まで。
最終日の入場は午後4時まで。
      第43回 墨の県展は
「beyond2020」プログラム 認証事業です。

 出品規定 (応募要項)
1 出品作品は水墨画、墨彩画、前衛墨象とし、各自の製作による最小20号以上の未発表のものとする。
(但し、社会福祉法人つつじ園紙8号〜10号も可とする。)
2 応募の条件
一般公募とし、千葉県出身者、居住者、勤務者を出品資格者と定め、原則として裏打ちしないものに限り、平成30年3月6日(火)、千葉市中央区弁天3-7-7 生涯学習センター 3階、研修室3 (水墨画教室) 043-251-7988 (河瀬) 午前10時〜午後3時までに提出のこと。提出した作品は、本会の審査委員が審査し、合否は最終審査後連絡する。選外作品は直ちに返還する。
3 顧問、招待作家の作品は無鑑査で展示する。
4 最終審査
3月12日(火)午前10時〜午後3時、裏打ちしないものを本会の審査員が審査する。
5 搬入
5月20日(月)午後10時、作品は額装の上、会場に搬入する。
6 陳列
5月20日(月)午前10時〜午後5時までに展示する。
7 搬出
5月26日(日)午後4時35分〜午後6時までに搬出する。作品の搬出は必ず期日内にすること。搬出を怠った作品について、会は責任を負わない。
8 賞は次のものを予定している。
墨の県展賞、会長賞、千葉県知事賞、千葉県議会議長賞、千葉県教育長賞、県立美術館長賞、千葉市長賞、千葉市議会議長賞、千葉市教育長賞、千葉日報社長賞、船橋市長賞、市原市長賞、佐倉市長賞、I 氏賞(今井宏幸)、近代造形社賞、澤口賞、みつわ賞、東美賞、心正堂賞、太田賞、つつじ園賞、特選、佳作賞、努力賞、奨励賞。
9 展示点数
作品は原則として同人は20号以上3点以上とし、つつじ園紙大2点以上とする。顧問、招待作家の作品も同様とする。
10 出品手数料
合格作品は1点につき6,000円、但し同人18,000円、扇子、団扇の場合は1点につき1,000円。顧問、招待作家の展示作品は無料。出品者は所定の期日までに納入しなければならない。(3月12日まで)
11 受賞者発表
開催日初日、受賞者を千葉日報紙上に発表する。
12 入場無料
13 画集
同人にあっては出品作品は全て掲載する。その他は掲載作品の指定は運営委員が当たるが、本人の希望も入れることができる。
掲載料は1点5,000円とし、1点掲載につき2部を贈呈する。
14 プロマイド
作成希望者は実費負担とする。

2019年 第43回 墨の県展 役員及び名簿
 名誉会長  石井美津枝
 会長  河瀬蛙友
 副会長  久保富男
 顧問  森田健作  小高伸太  熊谷俊人
 小松崎文嘉  磯野和美  松戸徹
 小出譲治  蕨和雄  萩原克之助
 今井宏幸  戸塚主税  
 招待作家  萩本欽一  戸塚主税  藤浪秀一  澤口勉  
 運営委員  野口貞子  近藤久美  戸辺稔  木村由夫
 実行委員  田淵通子  松野章子  川本洋子  鈴木豊志雄  中島セホ
 堀尾幸正  木下智雄  池田協三  竹川久男  芦部良生
 徳永須美子  土橋和子  小林尚文  三浦克之  田口俊彦
     高花寿晴  石井英行      

このページトップにもどる
Copyright (c) 2010 千葉県水墨会 All Rights Reserved